美しく健康な肌を保つためのお手入れ

紫外線や大気汚染、ストレスなど、過酷な環境にさらされる肌を美しくすこやかに保つため、欠かせないのが毎日のスキンケアです。お手入れの基本は、「落とす=肌を清潔にする」「補う=肌の水分・油分のバランスを整える」「守る=肌を保護する」の3つです。

基本のスキンケアステップ

●落とす

汚染物質やホコリ、メイクアップ、酸化した皮脂や雑菌などをきれいに落とし、保湿化粧品が浸透しやすい肌へと準備します。自分に合った肌にやさしい製品を選び、正しい方法で行うことが大切です。

・クレンジング
洗顔では落ちにくい油性の汚れやメイクを取り除きます。古い角質や毛穴の中の汚れを落とすために、週に2~3回使用するスクラブタイプもあります。

・洗顔
汗や皮脂、古い角質、ホコリ、肌に残ったクレンジング料などを洗い流します。

●補う

肌をすこやかに保つためには、角質層の水分量を20~30%程度に保つことが大切です。必要な水分や悩みに合わせた美容成分を補給して、若々しく美しい肌へと導くためのお手入れです。

・化粧水
肌に水分を補給し、うるおいのある肌に導きます。

・美容液
有効成分や美容成分を高濃度に配合し、特定の悩みに働きかけます。

●守る

適度な油分によって肌表面にベールをつくり、化粧水や美容液で与えたうるおいや美容成分を、肌内部にしっかりと閉じ込めるためのお手入れです。

・乳液
肌に水分と油分をバランス良く与え、なめらかに整えます。

・クリーム
油性成分が肌をなめらかに整え、化粧水などの水分蒸発を防ぎます。