肌とフェイシャルマッサージ


健やかで美しい肌には、スキンケア、栄養、睡眠などが関連してきます。これらに加えてよい肌状態を保つためには、自分で行うフェイシャルマッサージもおすすめです。

●血行の促進

健やかな肌には、酸素や栄養が十分に運ばれていることが大切です。肌へ酸素や栄養を運ぶのは全身にはりめぐらされている毛細血管です。毛細血管は全身に酸素と栄養を運び、二酸化炭素と老廃物を回収する役目があります。この毛細血管の血流が良ければ、肌に必要な酸素や栄養が運ばれ、肌の新陳代謝や肌トラブルの修復や改善もスムーズに行われる傾向にあります。しかし、日々のストレスや睡眠不足、運動不足などで、血流が滞ると肌のくすみなどさまざまな肌悩みにつながりがちです。適度な運動や適切なマッサージは血行を促進し、毛細血管の血流を良くすることで、美しい肌をサポートします。

●代謝の促進

さまざまな肌悩み、乾燥や小ジワ、くすみやたるみには、少なからず代謝の衰えとの関係があります。マッサージにより肌全体の血液循環をアップさせることで、総合的な代謝の促進が期待できます。

●表情筋をやわらかく

顔の皮膚の下には表情筋とよばれる筋肉があります。表情筋は皮膚と一体化しているので、表情筋とたるみやシワは深く関係しています。しかし表情筋は使わないと衰えていきます。これはしばらく歩行していないと足の筋肉が早く衰えるのと似ています。ほうれい線の深さや角度、口角の上がり具合、ほおやあごのたるみなどは、表情筋と関係しています。たるみや下垂はそれ自体がふけた印象を与えるのに加え、たるんだ部分、下垂した部分の影ができてしまうことにより、全体として顔が暗い印象になります。一方、表情筋がしっかりとした弾力をもっているとたるみや下垂が軽減され顔全体が、より若々しい印象になります。筋肉は重力によって、日々下方向に引っ張られています。フェイシャルマッサージで顔の筋肉をほぐして、アップさせ、より明るく、よりすっきりとした顔の印象を目指していきましょう。