ニキビのしくみ

ニキビは年齢や性別にかかわらずできる肌トラブルのひとつです。

●ニキビができるプロセス

ニキビはホルモンバランスの乱れやストレスなど、さまざまな理由で毛穴の出口の角層が厚くなり、もりあがって毛穴の出口をふさいでしまうことから始まります。毛穴がふさがれてしまうと、分泌された皮脂が外へ排出されず毛穴の中に皮脂がたまり、そこで皮膚の常在菌であるアクネ桿菌が増えすぎて炎症を起こし、毛穴が赤く腫れあがります。そして白血球がアクネ桿菌を攻撃し、炎症をおさえようとします。炎症が進むと毛穴から炎症が拡がり、毛穴より広範囲に広がることもあります。そうなると炎症がおさまった後に、大きなくぼみとしてニキビ跡が残り、完全にニキビ跡をなくすのが難しいこともあります。

pc_haircare12_001

●大人ニキビ

10代の思春期にニキビが多いのは、ホルモンバランスが急激に変わることが原因とされます。しかし、最近では大人になってもニキビに悩まされる人が増えています。その原因はホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足、食生活、運動など、多岐にわたっていて、複合的な原因であることも多く、一つに特定することは難しくなります。大人になってもニキビの悩みが深刻な場合には、ニキビ跡を残さないためにも早めに皮膚科を受診し、治療に取り組むこともお勧めです。