バスタイムと肌

pc_bodycare15_001

お風呂に入ると、温熱と水圧の効用で皮下の血行が促進され、肌のターンオーバーのサイクルの改善をサポートします。ターンオーバーのサイクルが改善されると、表皮の細胞の生まれ変わりのリズムが整うことにより肌本来の保湿力が高まり、よりすこやかで美しい肌を目指すことができます。

●肌に優しい入浴法

肌の一番上にある角層は、角質細胞が煉瓦のように何層にも積み重なっていて、角質細胞と角質細胞の間には、角質細胞間脂質「セラミド」という天然の保湿成分が埋まっています。お湯につかると、この角質細胞間脂質は流失してしまい、自分の肌にある保湿成分を失ってしまうことになります。ですから、1日に複数回お風呂に入ると、または長い時間お湯につかると、表皮の保湿成分が減り、肌が乾燥しやすくなります。また、42℃を超えるお湯では、肌のなかに「ヒスタミン」という炎症や痒みの原因となる物質ができやすくなり、肌荒れの心配があります。さらに高い温度だとたんぱく質の変性も起きやすく、皮膚全体に悪影響となる可能性もあります。すこやかで美しい肌のためには、40℃程度のお湯に10~15分間を目安につかるのがよいでしょう。

●お風呂の中でマッサージ

お風呂の中では温熱、水圧の効用で血流が促進されています。お風呂の中でフェイシャルマッサージをすることにより、さらに美しい肌をより積極的に目指していきましょう。

関連知識:おすすめフェイシャルマッサージ