梅雨シーズン、ヘアアレンジに一工夫

梅雨に負けないアレンジとは、スタイリングのときに、髪の余分な水分を無くしておくことがポイントになります。また、梅雨時は、かっちりとしたスタイルよりも、多少くずれても印象がかわらない、やわらかな印象のスタイルで、顔回りは、すっきり見せるのがおすすめです。顔回りをすっきりさせておくと、多少くずれてもだらしない印象になりにくいためです。
仕上げるときは、全体にスプレーをかけると、くずれたときの修復が困難になります。カール部分、前髪の立ち上げ部分といったように、部分的に使うのがコツです。
 

おすすめアレンジ

●ショートレングス

ふんわりとしたトップで、若々しくフレッシュな印象に。ホットカーラー7つで、頭頂部にカールをつくり、ボリュームアップします。
 
・アレンジ手順
①ホットカーラー1つ目を、頭頂部より前の髪をとり前から後ろへ巻く。2つ目は、頭頂部の髪をとり、前から後ろへ巻く。3つ目は、頭頂部より少し後ろの髪をとり、前から後ろへ巻く。4つ目は顔の頭頂部より左前方、5つ目は頭頂部より左後方、6つ目は頭頂部より右前方、7つ目は頭頂部より右後方を、それぞれ後ろから前へ巻く。
②ホットカーラーが冷えるまで5分程おき、ホットカーラーを外し、そのまま手櫛でなじませ、スプレーを全体にかけて、整えます。

 

●ミディアムレングス

すっきりとした顔回り、華やかなバックスタイルでおしゃれな雰囲気に。細めのカールをバックに丁寧に積み上がるように作り、顔回りは、隠しねじり髪ですっきりさせます。
 
・アレンジ手順
①バックの髪は、表面の髪を上に上げ仮留めし、下の層の髪を少しずつとり、ブラシ付きカールアイロンで巻いていく。少しずつ分けて巻くことにより、余分な水分を確実に無くすことができ、キープ力が上がります。下の層の髪を巻き終わったら、仮留めを外し、表面の髪も少しずつとりブラシ付きカールアイロンで巻きます。

②左右の耳の上の髪を、それぞれ一束上にとり、仮留めします。残った髪を一束とり、何回かねじり、黒いピンで後方上部、カールの下に隠れるように留めます。仮留めした髪をもどし、ブラシ付きカールアイロンで細いカールに巻き、仕上げます。

 

●ロングレングス

トップをふんわり、エレガントなバレッタスタイル。まとめスタイルにねじりを加えて。ボリュームも自由自在に調節できます。
 
・アレンジ手順
①左右の髪を、多めにまとめてとり、上に上げる。上に上げた髪を2回ひねり、左手の人差し指と中指で支え、右手でバレッタを留める。
ワンポイントアドバイス:毛量が多い方は、バネの強いバレッタを選びましょう。バレッタはデザインも大切ですが、バネの強さも大事です。自分の毛量に合わせて、選びましょう。

②ボリュームアップしたい場合は、頭頂部の髪をつまみあげ、ボリュームをつくる。耳の前に少し髪を垂らしてもよい。指で、髪束に筋をつけておくと、うねっても乱れた印象になりにくいので、おすすめです。毛先をアイロンで巻くと、さらにエレガントな仕上がりになります。