梅雨シーズン外出先での髪型復活術

湿度が高くて、水分が髪に入りこんでしまい髪型がくずれるとき、最も効果的なのは外出先でも、水分を髪から取り除くことです。そのためには、梅雨時は、外出先に携帯用のコードレスアイロン(こて)を持っていくことが、おすすめです。ここでは、主にコードレスアイロンをつかった髪型復活術をご紹介します。

●前髪がペッタリとなってしまった…

ふんわりスタイリングさせた前髪がペッタリとなってしまったときは、髪から余分な水分を取り除き、本来のスタイルに仕上げます。前髪を顔に対して前方90度にひっぱり、髪の根元にアイロンをいれていきます。髪の根元には、水分が多いので、1、2、3と数えるくらいの間を3回ほどはさみ、徐々に前方にスライドさせます。前髪をカールさせたい場合は、右または左にすこしずらせてカールをつくります。(火傷にご注意ください。)

●髪全体が横にひろがってしまった…うねってしまった…

ボリュームダウンしたスタイルにまとめていたのに、髪全体がボリュームアップしてしまった場合は、髪全体の湿度を均一に調整することで、ボリュームダウンします。ヘアクリームを手になじませ、両てのひらで髪をはさみ、手でアイロンをかけるようなイメージで、上から下へおさえていきます。オイルよりクリームタイプのほうが、なじみがよいです。

●カールがとれてしまった…

きれいに巻いたカールが、水分でのびてしまった場合は、余分な水分を髪から取り除いたうえで、再度カールします。コードレスアイロンで、なにもつけないでカールします。この場合、余分な水分を取り除くことが目的なので、スタイリング剤などをつけないで、巻くことがおすすめです。