更年期症状の気づき

更年期の女性が感じる不調はさまざまです。程度の差もありますがほとんどの女性が何かしらの不調を感じるといわれています。からだにあらわれる症状もあれば、精神面の不調もあります。該当する年齢(45歳~55歳)の人は自分の不調が更年期のための症状か、チェックしてみましょう。

hw_rest11-001

これらの中で、1~2点でも強く感じるのであれば更年期症状を疑ってみましょう。特に顔のほてりや発汗は特徴的な症状です。しかし更年期症状と思っていても他の疾患である、逆に別の疾患と思っていても女性ホルモンの減少が原因である場合もあります。関節痛、めまい、うつなどの精神的な症状、頭痛などは更年期と他の疾患において同じような症状がでる場合がありますので、症状が改善しない場合は医療機関で検査を受けて対処するのがよいでしょう。

●更年期前後の症状

更年期(およそ45~55歳)に該当しない若い年代(30歳代)で似たような症状を感じる人もいて、プレ更年期と呼ばれています。この年代はエストロゲンが減少しているわけではないため更年期とは区別され、卵巣の機能不全によるホルモンバランスの崩れなどが原因と考えられています。またエストロゲンの減少は、更年期の後の老年期(60歳代以降)の脂質異常症や動脈硬化などの生活習慣病、骨粗しょう症のリスクにもつながる場合があります。