ハイビスカス抽出物

ダイエットや生活習慣病予防をサポート

特長

ペクチン、カリウム、鉄などのミネラル類、アントシアニン色素からなり、ハイビスカス酸やリンゴ酸、クエン酸などの植物酸、ビタミンCなどを含みます。

主な働き

・ ハイビスカス酸には、消化酵素(アミラーゼ)の活性を阻害する働きが望めることから、脂肪生成を阻害する作用があるといわれています。コレステロールや中性脂肪の低減、体脂肪減少を促す作用があると報告され、ウェイトマネジメントや生活習慣病の予防のために注目を集めています。
・ アントシアニンが豊富で抗酸化力が高いといわれています。
・ 新陳代謝やエネルギー代謝を亢進させると考えられ、特にスポーツ後の体力回復に期待が寄せられています。



●関連知識
7大栄養素とは >
7大栄養素⑤ ミネラル >
年代別に必要な栄養素 >
老化の原因 >
ウェイトマネジメントの栄養学 >