共役リノール酸

有酸素運動と併用したい、基礎代謝を高める成分

特長

ベニバナ種子から抽出して作られる油成分。英語の略称でCLA(Conjugate Linoleic Acid)とも呼ばれます。

主な働き

・余分な脂肪を脂肪細胞内へ取り込む酵素の働きを阻害し、脂肪の蓄積を抑制します。
・脂肪分解酵素「UCP」を活性化、体内に蓄積された脂肪を熱に変え、燃焼しやすくします。
・体脂肪量を減少させ、除脂肪量を増やすことで、基礎代謝を高めます。


●含まれる食品
ヒマワリなどのベニバナの種子や、微量ではありますが、牛肉やチーズにも含まれます。


●その他
有酸素運動と併用すると効果的で、運動開始30分前に摂取するのがおすすめです。運動しない場合は、食事の15~30分前に摂取するのが良いでしょう。



●関連知識
体組成を重視したウェイトマネジメント >