ウイキョウ種子エキス

肌や髪をしっとりさせる、保湿効果にすぐれた植物成分

特長

・ウイキョウの種子から抽出したエキスです。
・ウイキョウはヨーロッパ原産で、温帯各地で広く栽培されているセリ科の植物です。日本では北海道や長野で栽培され、別名フェンネルとも呼ばれます。

主な働き

・漢方薬として、健胃消化薬、鎮痛薬の処方に配合されています。
・紫外線による老化を抑制する作用が知られ、化粧品にも広く使われています。 DNAの修復を活性する効果から、紫外線障害を修復する作用も期待されています。
・ 抗菌作用、肌細胞を活性する効果があり、育毛剤やニキビを予防する化粧品などに配合されています。
・抗酸化、抗炎症、血行促進、抗菌、創傷治癒促進作用があります。



●関連知識
肌の構造と働き >
ターンオーバーとは >
美しく健康な肌とは >
シミとは >
シミができるメカニズム >
毛髪の構造 >
髪の構造 >
髪のダメージの原因 >