ビオチン

酵母の成長を促し、皮膚のすこやかさを守るビタミン

主な働き

・糖質やたんぱく質、脂質の代謝をサポートします。
・皮膚の炎症を予防する効果があります。

不足すると

・欠乏症はほとんどありませんが、長期の腸管栄養を受けたり、抗生物質の服用により腸内のバランスが崩れている方、また極端なダイエットをしている方、乳児の場合は不足することもあります。
・欠乏症としては、皮膚炎、結膜炎や貧血を引き起こすことが考えられます。

摂りすぎると

摂りすぎによる心配はありません。


●摂取基準(目安量)※厚生労働省「日本人食事摂取基準2015年版」による
18~29歳以上の男女 50μg/日


●含まれる食品
鶏レバー、落花生、卵黄


●その他
炭水化物や脂肪、たんぱく質の分解・合成にかかわります。以前はビタミンHと呼ばれていましたが、ビタミンB群の一種です。


ing_dic015
ing_dic018


●関連知識
7大栄養素とは >
7大栄養素① たんぱく質 >
7大栄養素③ 脂質 >
7大栄養素④ ビタミン >
現代日本人の栄養バランス >