ラベンダー

大自然を感じさせるフローラルの香り

学名:Lavandula angustifolia  科名:シソ科

特長

フローラルな中にクラシックさが感じられる香りです。ラベンダーの香りは、静けさと同時に、凛とした力強さを感じさせます。大自然の中にいるような、リラックスした気持ちになる香りです。ラベンダーは、カラッとした気候の地中海沿岸などを原産とする植物です。紫や白・ピンクの花を咲かせる多くの種類があり、20種類以上を数えます。中でも紫色の花が最もポピュラーです。野生のラベンダーは可憐で小さな花ですが、優しいフローラルの中に、しっかりとした強い香りがします。“バランスの精油”とよばれ、さまざまな面から、心・体のバランスを整えてサポートしてくれる頼りになるエッセンシャルオイルです。ブレンドする際に、メインの香りとして活躍するのはもちろんのこと、ごく少量を加えて、香り全体のバランスを整えるのにも適しています。ラテン語で“洗う”という意味の”lavare”に名前の由来があると、いわれています。古代ローマでは、湯船にこのハーブをいれていたと、されています。

主な働き

心:
・心をおだやかにし、落ち着かせます。怒り、不安、恐れをやわらげ、沈静させます。
リラックス効果が高く、心に静けさを与えます。

体:
・スムーズに眠りを導きます。緊張性の頭痛の緩和が期待できます。
心拍を鎮め、呼吸をゆったりとさせます。

肌:
・皮膚の新陳代謝や皮脂バランスを促します。



●関連知識
アロマケアとは >
アロマのメカニズムと効果 >
エッセンシャルオイルとは >
エッセンシャルオイルの楽しみ方 >