ブドウ種子油

肌にやさしくなめらかな、ブドウの種由来のオイル

特長

ブドウは、ワインやジュースを主とする飲料、生食やドライフルーツとしての食用として、世界で広く飲食用に用いられていますが、加えて種子から作られるブドウ種子油もあります。
ブドウ種子油は、ブドウ科植物ブドウの種子から抽出し精製した無色~薄黄色の液状オイルです。最近では、幅広く健康に良い油への関心の高まりとともに、ブドウ種子油も「グレープシードオイル」として、注目が集まっています。グレープシードオイルはリノール酸、リノレン酸が主成分で、ビタミンEが多く含まれており、酸化しにくい油です。化粧品、ヘアケアの原料として、化粧水、乳液、クリーム、ヘアトリートメントなどの製品に配合される他、刺激が少なく滑りがよいので、アロマのキャリアオイルに用いられます。

主な働き

・肌をやわらかくしうるおいをしっかりと肌内部に閉じ込めることによりハリや弾力、うるおいのある、みずみずしい肌を維持します。
・抗酸化作用、活性酸素除去作用により、肌へのアンチエイジング効果を期待できます。
・肌を引き締めることにより、シワ、たるみといった加齢によって引き起こされる肌悩みの対策ができます。
・刺激が少ないため、デリケートな肌へのお手入れに用いられることもあります。


●主な原料
ブドウの種



●関連知識
ターンオーバーとは >
エイジングのメカニズム >