地球温暖化の影響

自然環境や人間社会は、温暖化によってどのような影響を受けるのでしょうか。

●自然環境への影響

地球温暖化が進むと雨の降り方が変わり、水環境や水資源に影響がでます。海では海水の膨張が進み、また、氷河や氷山が解けることにより海面水位が上昇します。海面水位が上昇すると、台風などによる高潮の被害が増える可能性があります。海水の温度上昇はサンゴなどの生態系に大きな影響をおよぼし、広範囲でサンゴが死滅することも予想されています。陸上では動植物の生態系も影響を受け、種の分布範囲の移動、変化、森林火災のリスクの増加が考えられます。

●人間社会への影響

自然環境の変化から、農業や水産業などに幅広く影響がでます。例えば、農業ではコメの収穫量の減少や、品質の低下についての懸念があります。また、河川氾濫や高潮といった自然災害の増加も懸念されています。気温の上昇により、近年熱中症にかかる人が増えています。また、気温が上がることで感染症のリスクが増します。例えばデング熱を媒介するヒトスジシマカの分布域は、年平均気温11℃の地域とほぼ一致しますが、年々この分布地域が北上し、1950年ころは関東地方までだったのが現在では東北地方まで達し、これからさらに北海道まで進むという予測もあります。また、気温の上昇は、花粉症や大気汚染にも影響を及ぼすといわれています。
地球温暖化により、2100年頃、日本においてどのような影響がでるかが予測されています。

hh_clean10-001

hh_clean10-002

<<前の記事

地球温暖化とは

次の記事>>

環境への配慮