スギナエキス

肌のハリを保ち、肌あれを防ぐ美容成分

特長

多年草のシダ植物の一種で、芽吹いたときの胞子体は春の風物詩として親しまれている「つくし」。日本では山菜として、ヨーロッパでは古くからハーブとしてそのエキスが利用されてきました。サポニン、フラボノイド、ケイ素などが含まれています。

主な働き

・肌のコラーゲンやエラスチンに働きかけ、若々しくハリのあるすこやかな状態を保ちます。
・保湿、収れん作用にすぐれ、入浴剤や乳液、ヘアケア製品にも用いられています。


●主な原料
つくし



●関連知識
美しく健康な肌とは >
ボディの肌の特徴 >
ボディの乾燥 >
毛髪の構造 >
髪の構造 >
髪のダメージの原因 >