スノーフレーク(オオマツユキソウ)

冬季は休眠し、春になると活発になる球根の植物ホルモンに着目した注目のエイジングケア美容成分。

特長

和名で“オオマツユキソウ”といい、別名“スズランスイセン”と言います。花期は春でスズランのような花が咲きます。休眠期のオオマツユキソウ球根から抽出したアブシジン酸は、肌に働きかけ、細胞増殖のスピードをスローダウンさせます。細胞増殖のスピードを遅らせることは、細胞自体の寿命を伸ばし、細胞分裂の回数を減らすことができ※、エイジングの過程を遅らせ、若々しい細胞の長所を保持しながら肌の印象やエイジングを改善することができます。さまざまな種類の細胞増殖に働きかけることによって、シミや肌全体のトーンを明るくするよう促し、健やかで若々しい印象の肌へと導きます。

※ヘイフリックの限界理論に基づく。
ヘイフリックの限界理論とは、生物には一生の間、細胞分裂回数に制限がある。

主な働き

・アブシジン酸が肌の細胞増殖スピードを遅らせることにより、肌の老化速度にブレーキをかけます。
・活性酸素除去酵素のスーパーオキシド・ジムスターゼの生成が促進され、肌を酸化ダメージから守り、肌細胞内の抗酸化力を高めます。
・細胞増殖を遅らせることで、肌のきめ・トーンを整え、肌の筋細胞をリラックスさせます。
・メラニン細胞の増殖を抑え、メラニンの生成のスピードを遅くし、肌色を整えます。


●主な原料
オオマツユキソウ球根


ing_dic106


●関連知識
エイジングケアへの取り組み >
エイジングのメカニズム >
エイジングの外的要因と内的要因 >