葛の花エキス

脂肪の燃焼と分解をダブルで促進する、ダイエット素材

特長

・日本から中国、東南アジアに分布しているマメ科の植物、葛の花部から独自の製法により抽出。葛の花は鮮やかな紅紫色で夏から秋にかけて咲き、「秋の七草」の一つに数えられています。
・葛の花は、酒豪として知られた水戸光圀公が愛用したといわれます。

主な働き

・褐色脂肪細胞を活性化させ、体温上昇を促進すると共に脂肪を分解・燃焼しやすくします。
・肝障害改善作用、飲酒による血中アルコール上昇抑制作用があります。
・真皮中のコラーゲンやヒアルロン酸合成を促進する因子の濃度を上昇させ、美肌へ導きます。


●摂取基準(目安量)※当サイト調べによる
300mg/日



●関連知識
環境や悩みと栄養素 >
体組成を重視したウェイトマネジメント >
肌の構造と働き >
ターンオーバーとは >
美しく健康な肌とは >