ガラナ

古来、エネルギー源として用いられてきた植物成分

特長

・ブラジルのアマゾン川流域に自生するムクロジ科のつる植物から抽出。
・南米のインディヘナの部族、特にガラナの名前が由来しているガラニス族は、粉末状にしたガラナ種子をペースト状にして保存し、必要なときにお湯に溶かし砂糖で甘味をつけて毎日のエネルギー源として飲んでいました。

主な働き

種子にカフェインやタンニンが多く含まれ、滋養強壮や疲労回復に効果があるといわれます。


●その他
過剰摂取には注意が必要で排尿痛、嘔吐などが見られることがあります。
また妊娠中、授乳中の過剰摂取には特に注意が必要です。



●関連知識
運動の効果 >