プロポリス

ハチが作り出す、天然の抗菌物質

特長

・ハチが巣を菌やウィルスから守るため、周囲の草木から集めた樹液に唾液や花粉などを集めて塗り固めたもの。天然の抗菌物質、抗生物質とも呼ばれます。
・抽出されたプロポリスエキスには、桂皮酸誘導体やカフェオイルキナ酸類が含まれています。桂皮酸誘導体には抗酸化作用やがん細胞増殖抑制作用などが、カフェオイルキナ酸類には免疫活性化作用や抗インフルエンザ作用、抗酸化作用などさまざまな効果があるとされています。

主な働き

・抗菌・抗ウィルス、抗潰瘍、抗炎症、抗アレルギー、免疫力向上など幅広い効果が期待されています。
・くしゃみを引き起こすヒスタミンを抑制する効果があるといわれています。
・免疫力を高める効果があるといわれています。
・インフルエンザに対する抵抗力を高める効果があるといわれています。


●摂取基準(目安量)※当サイト調べによる
プロポリスエキスとして100~500mg


●含まれる食品
カフェオイルキナ酸類(主に3,4-ジカフェオイルキナ酸)、コーヒー(コーヒー豆)、ヤーコン、さつまいも(紫芋を含む)、トマト、イェルバ・マテ (マテ茶)


●その他
プロポリスはアレルギー表示対象品目の原料に含まれませんが、ハチやハチの生産物(ハチミツなど)にアレルギーのある人は使用を避けてください。また喘息を悪化させる可能性があるので、喘息患者は注意が必要です。



●関連知識
環境や悩みと栄養素 >