プルーン酵素

美白効果をもつプルーン由来の成分

特長

プルーンは、プラムの実を乾燥させたものです。プルーンの歴史は古く、紀元前までさかのぼります。プルーン発祥の地は、カスピ海沿岸のコーカサス地方といわれていますが、そこから南ヨーロッパ、西ヨーロッパに伝播し、ブルーン酵素の原料となるカリフォルニア産プルーンは、フランスを原産地とするダジャン種のプラムです。ダジャン種のプラムは、熟した時は、外皮はきれいな紫色となり、果肉は琥珀色になります。プラムは、フェノール類のネオクロロゲン酸という抗酸化物質を多く含むことから、抗酸化力が高い果実です。この抗酸化物質が、活性酸素から細胞を守り、さまざまな健康効果、美容効果をもたらします。またカロリーや脂肪が少なく、食物繊維が豊富であり、骨粗鬆症、消化器系、心臓病の予防など、さまざまな健康改善に役立つ食物であることが確認されています。プルーン酵素は、プルーンの果肉から得られる成分です。

主な働き

・メラニン色素の細胞への取り込みをブロックし、細胞が黒化するのを防ぐことで、シミや色素沈着を防ぎます。


●主な原料
プルーン



●関連知識
ターンオーバーとは >
エイジングのメカニズム >