グルコサミン

からだのスムーズな動きをサポートする、ムコ多糖類の一種

特長

細胞や組織を結合する働きを持つアミノ酸で、軟骨や腱などに存在します。サプリメントは、カニやエビの甲羅から抽出したキトサンを原料とします。

主な働き

・ひざ、ひじ、腰などの関節炎の予防と改善に効果があるといわれています。
・加齢や激しいスポーツなどで減少しがちな軟骨の再生を促します。

副作用

若い人では、長期摂取で軟骨の再生能力が弱まることがあります。


●摂取基準(推奨量)※内閣府 食品安全委員会 食品安全関係情報詳細
1,500mg/日(体重60kgの場合)


●含まれる食品
甲殻類やネバネバ成分のある食品に含まれています。
カニ、エビ、ウナギ、フカヒレ、山芋、おくら


●その他
・体内でヒアルロン酸に変わるN-アセチルグルコサミンには美肌効果が期待されています。
・グルコサミン製品はエビやカニなどの甲殻類を原料にしていることが多いため、甲殻類アレルギーの人は注意が必要です。



●関連知識
7大栄養素とは >
7大栄養素① たんぱく質 >
現代日本人の栄養バランス >
年代別に必要な栄養素 >
環境や悩みと栄養素 >