アロエベラ

ムコ多糖類や食物繊維を豊富に含む多肉植物

特長

南アフリカ原産のユリ科の植物。300種類以上あるアロエの中でも、アロエベラは食用から化粧品まで幅広く利用されています。アロエベラの葉は、緑色の表皮の中にみずみずしく透明なゼリー状の葉肉が詰まっており、ゼラチン性のムコ多糖類や食物繊維が多く含まれています。

主な働き

・葉肉には食物繊維が多く、高めの血糖値や中性脂肪を下げる可能性があるといわれています。
・胃の状態をすこやかに保ち、便秘を解消する効果もあるといわれています。
・葉は、切り傷ややけどなどに使われます。


●その他
・骨盤内の充血を高める作用があるので、月経中や妊婦の摂取は注意が必要です。
・摂取量は個人差があるため、少量から摂取して様子を見ましょう。特に内臓機能の障害のある方や治療中の方、小さなお子様に関しては摂取を控えた方が良いといわれています。



●関連知識
7大栄養素とは >
7大栄養素⑥ 食物繊維 >
現代日本人の栄養バランス >
環境や悩みと栄養素 >
ウェイトマネジメントの栄養学 >