美肌と栄養 コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は細胞内のミトコンドリアの代謝を促進する成分で、肌および体力など全身に関係します。

●エネルギー産生の補酵素

コエンザイムとは補酵素を意味します。コエンザイムQ10は私たちの細胞内にあるミトコンドリアにおいてエネルギー産生を助けます。ミトコンドリアは独自のDNA構造をもち、一つの細胞内に100個から2000個程度あります。生命を維持するための代謝や内臓の働き、歩く、走るなどの筋肉を動かすエネルギーは、コエンザイムQ10が全身の細胞のミトコンドリアの働きをサポートすることで生まれます。
コエンザイムQ10は私たちのからだに存在するものではありますが、加齢とともに減少するためエネルギーを産み出すことが難しくなり、その結果疲れやすくなる、疲労回復が遅くなる、冷える、風邪をひきやすくなるなどの不調につながります。そのため体内で減ってしまったコエンザイムQ10を、食事やサプリメントで補うとよいとされます。食品ではイワシやサバ、豚肉、牛肉、大豆、ピーナッツ、ゴマなどに含まれます。しかし食品から体内への吸収率が数パーセントと低いことから、サプリメントでの摂取も一つの選択肢となります。

●肌への作用

美しい肌は表皮では新陳代謝が滞りなく行われ、真皮ではしなやかな弾力のあるコラーゲン、エラスチン繊維が密に絡み合い、そのすき間をゼリー状のヒアルロン酸が埋めることにより下から表皮をささえています。加齢や生活習慣の乱れによりコラーゲン、エラスチン繊維が硬くなり、破壊されると表皮をささえることができなくなり、シワやタルミになっていきます。肌にとって重要なコラーゲンとエラスチンをつくり、健康な肌を保つのにコエンザイムQ10は大きく関係します。一つはコラーゲンとエラスチンを作る真皮内の繊維芽細胞を活性化すると同時に、コエンザイムQ10の抗酸化作用で真皮内を活性酸素から守ってくれます。二つ目は、真皮内のコラーゲンとエラスチンが硬化する現象である糖化も防いでくれます。これらの結果、表皮のターンオーバーを促し美しく健康な肌を保つことができます。このようにコエンザイムQ10は真皮においては、肌の老化を進める酸化、糖化の両方を防ぎ、表皮においては新しい細胞を上へとおしあげてくれる、総合的に美肌をサポートする成分なのです。