美肌と栄養 良質なオイル

オメガ3脂肪酸を多く含むオイルは、美肌をサポートします。

●オイルの種類

脂質は三大栄養素の一つで、私たちのからだをつくりエネルギーを産生するうえで欠かせない栄養素です。脂質には下図のように多くの種類があります。まず大きく飽和脂肪酸(主に動物性)、不飽和脂肪酸(主に植物性)に分けられ、更に不飽和脂肪酸は構成される脂肪酸の種類によって、オメガ9系、オメガ6系、オメガ3系の3つに分けられます。この中で、オメガ6系と3系はからだの中でつくることができず、食品から摂る必要があるため「必須脂肪酸」とよばれます。
オメガ6系と3系の摂取はバランスが大切で、その割合は日本脂質栄養学会によると、オメガ6系、オメガ3系が2:1であることが推奨されています。しかし、魚を食べることが少ない人はこのバランスが崩れがちで、現状の日本人では5:1とオメガ6系の摂取率が推奨量より多く、バランスが崩れているといわれます。

●オイルと美肌

脂質は肌細胞をつくる重要な材料であり、不足すると新しい肌細胞をつくることに支障をきたします。また、オメガ6系、オメガ3系を含む良質なオイルをバランスよく摂ることは、血流を促進させて肌に栄養を送り込み、表皮では新陳代謝をスムーズに行い、真皮では繊維芽細胞の働きを活性化します。美肌には栄養バランスのとれた食生活が大切で、オメガ3系オイルも不足のないように摂るようにしましょう。

●美肌に嬉しいオイルの摂り方

オメガ3系オイルの代表的なものにエゴマ油、アマニ油があります。エゴマはシソ科の植物エゴマから採れる油、アマニ油は亜麻の種から採れる油です。これらは熱に弱く、酸化しやすい性質をもつので、炒め物など加熱する調理には向きません。サラダのドレッシングに使う、カルパッチョにかける、パンに付ける、常温の飲み物に入れる、常温の料理にかけるなどの方法で摂りましょう。また、酸化しやすいので一度開封したら早めに使い切るようにし、温度変化にさらされないよう冷蔵庫で保管しましょう。加熱する料理におすすめなのがオリーブオイルです。オリーブ油はオメガ9系の油で、他の不飽和脂肪酸を含む油に比べ酸化による影響がかなり低いことが特徴の一つです。
加熱する料理にはオリーブ油、ドレッシングなど加熱しないときにはエゴマ油、アマニ油と使い分けるとよいでしょう。美肌をサポートするオイルですが、どのオイルにおいてもカロリーは1gで9キロカロリーです。多く摂るとカロリー過多、肥満につながりやすくなります。摂る量には気をつけながら食生活に取り入れていきましょう。

関連記事:七大栄養素③ 脂質