ベストなボディをめざして

はつらつとしたボディはいくつになっても実現可能です。

●ボディのスキンケア

ボディのどの部位でも特に力をいれたいのは、ハリを実現するファーミングのお手入れです。首もとからデコルテは紫外線や外界の刺激にさらされやすいのにかかわらず、顔と比べて紫外線対策や日常のスキンケアを怠り勝ちで、シワ、タルミ、シミがでやすいところです。首もとからデコルテは顔の延長として、日ごろから顔と同じようにスキンケアを行うのがおすすめです。さらに首は鎖骨から上へ引き上げるようにマッサージを行うとよいでしょう。手足は乾燥しやすい部位なので、できれば朝晩、難しい場合は夜だけでもハリの実現を意識してクリームやオイルで保湿をしましょう。クリームやオイルをつけるときに軽くマッサージをしながらつけていくと血行促進にもなります。肘や膝、踵は特に乾燥しやすいのでたっぷりとクリームやオイルをつけていきましょう。どの部位も紫外線への露出には気を配りましょう。日傘をさしていても腕や足はカバーされていない場合もあります。また紫外線は空気中の微粒子にあたり乱反射しているので、日傘をさしていても乱反射による紫外線が肌にあたっている可能性もあります。首、デコルテ、手足は紫外線防止剤を塗り、長時間外にいる場合はこまめに塗り直しましょう。

●筋肉をつける

男女ともにメリハリのある美しいボディには筋肉が必要です。同じ体重でも体脂肪が多い人と筋肉が多い人では見た目の印象が大きく違います。皮下脂肪、内臓脂肪が少なく筋肉が多いからだは代謝もよく、食べたエネルギーが効率よく消費されるため太りにくくなるという利点もあります。筋肉をつけていくには筋肉トレーニングなどを継続的に行うことに加え、たんぱく質などの筋肉をつくる栄養素を不足のないようにとっていきましょう。年齢を重ねても継続的な筋肉トレーニングや食生活の見直しを行うことにより、筋肉は増やせます。すっきりと引き締まったメリハリのあるボディをめざして取り組んでいきましょう。

関連記事:体組成を重視したウェイトマネジメント
関連記事:エクササイズ

●身のこなし

日常の所作はボディの印象に大きく関わると同時に、ボディ自体にも大きな影響を及ぼします。背筋を伸ばして立ち歩き、座骨を立てて座ることは、少し意識すればできることです。しかし、筋肉が減ってくると立ち歩く、座るなどの動作がスムーズでなくなり、「よっこらしょ」など掛け声をかけての力の集中が必要になり、また怪我をしやすくなります。日頃から筋肉をつかって速やかでスムーズな動作を心掛けると、見た目にも美しくまた知らず知らずのうちに筋肉が鍛えられます。まずは立ち方と歩き方。後ろに反り過ぎないよう頭のてっぺんから一本の糸で上に引かれているようにまっすぐと立ち、左右に偏らないように歩きましょう。座るときは足を組まず、椅子の背にもたれかからず座骨を立てて座り、美しい姿勢を心掛けてみましょう。

関連記事:ウェイトマネジメントと糖質