冬に積極的にとりたい栄養素と食品

外気温が下がり、体表面だけでなく内臓も冷えやすい冬には、以下のような栄養素と食品がおすすめです。

●ビタミンC

免疫力を高めてくれるビタミンCは冬に積極的にとりたい栄養素です。冬の食生活では不足しがちですので意識的にとることが大切です。

おすすめの食品

みかん、りんご、ブロッコリー、ジャガイモ、柿、はっさくなどのかんきつ類、チンゲン菜、蓮根

●カリウム

腎臓に負担がかかりがちな冬の間、老廃物の排出を促すカリウムは積極的にとりたい栄養素です。

おすすめの食品

バナナ、りんご、サトイモ、ヤマイモ、ひじき、大豆、鰹(生魚)

●マグネシウム・葉酸

からだをあたためるためには良好な血液・血流が必要です。赤血球の組成成分であるマグネシウム・葉酸は冬に積極的にとりたい栄養素です。マグネシウムは筋肉の動きを促す栄養素でもあります。寒さで硬直しがちな全身の筋肉や心臓の筋肉の動きを助けます。

おすすめの食品

マグネシウム:納豆、アーモンド、落花生、ピーナッツ、玄米、
葉酸:ほうれん草、ブロッコリー、春菊、レバー、ひよこ豆、モロヘイヤ

●からだをあたためる食品

薬膳や漢方の世界では、「体をあたためる・冷やす・どちらでもない食品」などと食品を分類する考え方があります。冬の間は、積極的に体をあたためる食品を食事に取り入れるとよいでしょう。

おすすめの食品

加熱した生姜、ヤマイモ、ごぼう、シナモン、葱、大豆、かぼちゃ、にら、大根、羊肉、牛肉があげられます。これらのからだをあたためる食材を積極的に食事に取り入れましょう。

hw_target_s10_001-01